見た目の印象は大切!

企業面接は印象が重要と言われています。どこを重視するかは企業の面接官によって大きく変わってくると思いますが、やはり第一印象は重要でしょう。

 

では、第一印象がどこで決まるかというとやはり服装ではないでしょうか。企業で面接を担当する方の多くが服装をチェックしていますし、常識やマナーをわきまえているかどうかをチェックしています。

 

一般的にはリクルートスーツなどで面接に挑むのが普通ですし、現在では多くの方がリクルートスーツで面接に挑んでいますが、中には礼服でもいいのでは、と思っている方もおられるのではないでしょうか。

 

特に、スーツと礼服の違いもよく分かっていないような方だとこのように考えている方が多いのですが、果たしてどうなのでしょう。

 

結論からお話すると、企業面接に礼服で参加するのはあまりおススメできません。

 

礼服と喪服は異なりますが、やはり面接時に礼服というのは一般常識から少し外れています。スーツと礼服では明らかに色が違いますし、礼服は一般的なダークスーツと比べても黒の色が濃いです。

 

いわゆる漆黒と呼ばれる黒色ですから、普通の黒いスーツと並べるとその違いは一目瞭然と言えるでしょう。ブ礼服の多くが濃い黒を採用していますから、それで面接に参加してしまうと冠婚葬祭の帰りに面接に来たと思われてしまう可能性があります。

 

もちろん、企業によってはそのような細かいことは気にしない、人材は見た目じゃなくて中身だ、と思ってくれるようなところもあるかもしれません。

 

しかし、日本は見た目やしきたり、風習などを重んじる国ですし、古い世代の方にはそのような理解はまずないでしょう。恐らく常識を知らないヤツと思われてしまい面接も落とされてしまう可能性が高いです。

 

企業面接を有利に進めるためには見た目は重要ですから、わざわざ礼服で挑むようなことをせず面接に相応しい恰好で臨むことが大切です。

 

ということで、面接に対応できるブラックフォーマルが購入できる通販サイトを紹介します。

 

おすすめの通販サイト

紳士服のはるやま

紳士服で有名な「紳士服のはるやま」のオンラインストアです。
大型店舗限定商品や特別サイズもあるので、店舗よりも商品の品揃えが豊富です。購入後のサポートははるやまの店舗がしてくれるので、安心ですよ。

 

≫公式サイトはこちらから

洋服の青山

こちらも紳士服で有名な「洋服の青山」のオンラインストアです。
試着予約サービスや店舗受取ができるなど、通販での購入でも便利なサービスが充実しています。
お得なセール商品もあるので、低価格で購入することができるかも。

 

≫公式サイトはこちらから

 

 

 

 

面接に適したスーツとは

では、いったいどのようなスーツで面接に挑めばいいのかということですが、基本は黒や紺、グレーなどの色がおススメです。

 

「礼服はダメなのに黒のスーツはいいの?」という声が聞こえてきそうですが、先ほども少しお話したように黒のスーツと礼服では色の濃さがまったく違います。

 

礼服のような礼服は一般的な黒いスーツよりも遥かに色が濃いですし、誰が見てもその違いは一目瞭然です。また、グレーカラーのスーツを選ぶときにはあまり明るすぎないものを選ぶことも大切です。

 

サイズについても注意が必要です。せっかく良い色のスーツを見つけることができても体型に合っていないスーツだと問題です。

 

大きすぎるのはもちろんNGですが、きつすぎるのも見苦しいですからなるべくベストフィットするようなスーツを選ぶことです。

 

スーツのサイドポケットについているフラップは晴天の日は中に入れておき、雨の日は外に出しておくのが正しい使い方ですから一応覚えておいてください。スーツのチョイスはもっとも重要ですから、色はもちろんサイズについてもしっかりと検討して自分に合ったものを選びましょう。

 

女性の面接におけるスーツ

先ほどは男性の面接に適したスーツについてご紹介しましたが、今度は女性のスーツについてお話します。

 

まず、ボトムタイプかスカートタイプかはあまり気にしなくて大丈夫です。ボトムスタイプとスカートタイプで面接の合否が変わることはまずありませんから、機動性を重視するのならボトムス、女性らしさを少しでも出したいのならスカートルックが良いでしょう。

 

スーツを選ぶときはなるべくシンプルなものを選ぶのが基本ですが、シンプルさの中に清潔感があればなおベストです。黒や紺、グレーなどが一般的なカラーです。

 

ストッキングは肌の色に近いベージュがおススメです。タイツなどはあまりおススメできません。また、いくら足に自信があっても生足で面接に挑むのはNGです。

 

面接のような場でストッキングを履くのは常識となっていますから、生足で参加してしまうと常識を疑われてしまう恐れがあります。面接官が男性だけだと気づかれない可能性もありますが、面接官に一人でも女性が入っているとすぐにバレてしまいます。

 

靴はできるだけシンプルなパンプスをチョイスし、ヒールもあまり高すぎないものを選んでおきましょう。

 

服装以外の注意点

男性

せっかく面接に挑む格好が完璧でもほかの部分でミスをしてしまうと台無しです。男性だと髪型が問題になることがありますから注意しましょう。

 

相手に不快感を与えないということがもっとも重要ですから、清潔感を意識したヘアスタイルで面接に挑むことです。長髪や奇抜な髪型、派手な色の髪の毛は面接で落とされてしまう可能性がありますから注意してください。

 

また、面接を行う部屋は密室である可能性が高いですから臭いはNGです。たばこの臭いや香水の匂いはすぐにバレてしまいますから注意するべきでしょう。

 

女性

女性も同じように髪型には注意するべきです。前髪で顔が隠れてしまったり、お辞儀をしたときに顔にかぶさってしまうようではいけませんからそのあたりを注意しましょう。

 

また、ネイルアートなども基本NGです。派手な爪はダメですが、伸ばしっぱなしや深爪のしすぎなども見られてしまう可能性がありますから覚えておきましょう。

 

また、アクセサリーも面接のときには外しておくべきです。結婚指輪などは大丈夫ですが、それ以外のアクセサリーを身につけておくとマイナスポイントになってしまうでしょう。

 

女性の場合はメイクにも注意しなくてはなりません。せっかくスーツで決めていてもメイクがダメだと台無しになってしまいます。重要なのは清潔感と健康さですから、そこを考えたうえでメイクしてください。

 

流行りのアイメイクやグロスによるプルプルの唇などはNGです。つけまつげなどもつい習慣でつけてしまうかもしれませんが、基本的にナチュラルメイクで臨むのがもっとも無難でしょう。

 

普段よりもだいぶナチュラルなメイクを意識したほうが良いかもしれません。意外とそのような部分も見られていますから注意してください。

 

参考サイト:資生堂の就活メイク

 

企業面接における服装や注意点についてご紹介しました。礼服のようなあまりにも黒色が濃い礼服は面接には向いていませんから、面接に挑むときには礼服ではなくスーツで挑むようにしましょう。

 

喪服などの礼服で面接に参加してしまうと間違いなく常識を疑われてしまいますし、まず面接で受かることはないでしょう。

 

また、ここでは見た目についての注意点を主にご紹介してきましたが、実際にはほかにもさまざまな部分が面接では見られています。言葉遣いや考え方などもチェックされているでしょうし、あらゆる部分をトータルで判断されてしまいます。

 

基本的な面接のマナーはこのサイトでチェック

 

第一印象は非常に重要ですし、服装は大事なポイントですがほかの部分にも十分注意して面接に挑んでください。

 

トップへ戻る