titel-txt02

■株式会社テムザック

2000年北九州市で設立された、日本のロボット開発でも草分けの会社。代表は髙本陽一。2000年に発表された「Tmsuk 04」は、国内外で高く評価され、十数の大学との共同研究など、日本のロボット開発にとって大きな一歩を踏み出したモデルである。
以来、2015年までに、コミュニケーション、防犯、災害支援など様々な用途のロボットを社会に送り出すとともに、大学との共同研究で新しい機構の2足歩行ロボットなど開発している。近年は台湾、デンマーク、香港、中東など海外でのパートナーシップとの展開も精力的に行っている。

project05


■鳥取大学医学部附属病院

鳥取県米子市にある鳥取大学医学部附属の大学病院で、米子医科大学附属病院(1893年、明治26年:鳥取県立米子支部病院開設)が前身であるため米子では一般に医大と呼ばれる。
2010年、山陰地方では初となる米国製手術ロボット「ダ・ヴィンチS」の導入を発表。導入以来、現場での手術実績・運用技術を蓄積し、日本の手術現場で運用するための支援機器などの提案、様々な医療機器開発を行っている。

project05b2