titel-txt05

新しい医療用ロボットの開発ミッション。

テムザック技術研究所では、鳥取大学医学部附属病院が医療現場でこれまでの課題を解決するために新しい医療用ロボットの商品化に向けた開発を、鳥取大学、米子市域の企業と共同で推進し、安全安心な医療の提供、ロボット技術を用いた医療の高度化に貢献していきます。
project03b
project03

ロボットの技術で高度な医療教育を実現するハイテクシミュレータの開発

医療用ロボットの次期プロジェクトとして、医療教育用の高機能のシミュレーションロボットの開発をスタートしました。
ロボットのテクノロジーを次世代医療教育シミュレータに実装することにより、
今までのシミュレータには再現されにくかった、「人間に近い生体反応を再現し、実技のようなトレーニングができる。」
「リアリティさ、音声発話により患者とのコミュニケーションの実習も可能。」などの実現を目指して、練度の高い医療教育が可能となります。

smart-sim

■鳥取大学医学部・附属病院シミュレーションセンターとの開発連携

医療・看護の実践的な医療教育を実施している鳥取大学医学部・附属病院 シミュレーションセンターの協力により、医療の現場で要求される仕様を満たした、リアリティの高い医療教育シミュレータの開発を行います。

sim-center
鳥取大学医学部・附属病院 シミュレーションセンター
http://www.med.tottori-u.ac.jp/simulation/